中学生 防犯

中学生などの年頃になると、行動範囲も広がり危険なことに巻き込まれることが多くなってきます。したがって、防犯についても1段階上の内容で防犯力を身に付けることが大切です。1.危険察知力何が危険なのかを知ることで危険が起きそうな状況を避ける力を身に付けることです。人目に付きにくい場所は立ち入らないようにするなど、自分自身で危険を判断するようになることです。2.危険対応力身の危険を感じたときに対応する力のことで、すぐにその場を離れることや、引き返すなどの状況に応じて行動することです。怪しい・怖いなどと感じたときに、人が大勢いる場所まで引き返すなどその場を離れるなどの行動ができるようにすることが大切です。3.危機脱出力万が一危険な状態に陥った時に脱出する力です。脱出方法をいざという時に発揮できるようにしておくことです。

中学生が身に付ける防犯方法の説明

中学生にもなると自分の身は自分で守らなくてはなりません。防犯グッズを肌身離さず持ち歩くことも重要なことです。しかし、普段の日常生活の中で行動に注意を払うことで危険を避けることができます。年頃になると行動範囲を広くなることで危険に晒されることが多くなってきます。例えば、人目につかないような場所や通りには行かない、怪しい人や場所、怖いなどと恐怖を感じるようなことがあったら人が大勢いる場所へ移動することや引き返すなどの行動をとることです。また、不審人物が近づいてきたり、腕をつかまれたり声を掛けられた場合には人がいる場所へ逃げることや、大声を出して助けを求めるなどの脱出方法をしっかり身に付け、行動がとれるようにしておくことが重要です。もちろん防犯グッズもいざという時に使えるように確認しておきましょう。

中学生に最適な防犯の種類を説明

防犯にも様々な方法があります。自分自身で身に付ける防犯対策もあれば、グッズなどで身を守るもの等と様々です。中学生にもなれば、防犯用の笛やブザーだけでは物足りなくなります。部活や塾などで帰宅が遅くなることが多くなります。数人でいるうちは良いのですが、一人になった時に恐怖を感じたり、危険を伴うリスクが高くなります。ライト付きの防犯ブザーや催涙スプレーなどを携帯することも一つの方法ではないでしょうか。また、中学生ともなればスマートフォンを持たせる家庭も多いのではないでしょうか。GPS機能を利用することや、警備会社と契約を結ぶことにより危険を察知した場合、警備員が出動するなどのサービスもあります。このように自分自身で身を守る術を身に付けることも大切ですが、グッズやサービスを利用することでより安全に防犯対策をすることが出来ます。便利な防犯グッズも定期的に点検して電池切れがないよう心がけましょう。