中学生 防犯

中学生にもなると小学生の頃より行動範囲も広がり、部活動や塾に通うなど遅い時間に出歩くことも増えてきます。また、友人との遊びなどで遠くまで出かける機会も多くなり、心配で口うるさくなってしまうこともあるでしょう。しかし、通学や塾通いで一人になるときがあったり、友人との遊びや買い物で帰宅時間が遅くなるときなどは、犯罪やトラブルに巻き込まれる可能性も高まります。犯罪やトラブルに巻き込まれないためにも、普段から家族で防犯意識を高めておくことが大切です。では、中学生が気を付けたいトラブルには、どのようなものがあるのでしょう。また、そのトラブルに対してどのような防犯対策や防犯グッズがあるのでしょう。今回は、中学生が注意したいトラブルと防犯対策についてみていきたいと思います。

中学生におすすめの防犯対策とは?

お子さんが中学生になってから、学校からの帰宅時間が遅くなったと感じる保護者の方も多いでしょう。中学生になると授業時間が長くなったり、放課後に部活動があるなど、小学生の頃より遅く帰宅することが増えてきます。このようなときには、防犯ブザーを携帯するといいでしょう。しかし、防犯ブザーを中学生になっても持つのは抵抗があるなどの理由で、お子さんが防犯ブザーを持ちたがらないこともあります。そういったときには、大人向けの防犯ブザーやお子さんの趣味に合った防犯ブザーを一緒に探しにいくなど、お子さんが防犯ブザーを持つのに抵抗がないような工夫をするようにしましょう。また、中学生になればスマホを持つお子さんも増えてきます。スマホによっては防犯ブザー機能が付いたものもあるので、それを利用するのもいいでしょう。

中学生の防犯意識を高めるためには?

行動範囲が広がる分、中学生になったお子さんがトラブルや犯罪に巻き込まれる機会も増えてきます。犯罪やトラブルに巻き込まれないためにも、普段から防犯意識を高く持つことが大切です。では、中学生のお子さんの防犯意識を高めるためには、どのようなことをしていけばいいのでしょうか。まずは、普段からお子さんと防犯について話し合っていくことが大切です。学校からの帰宅時は一人で帰らない、友人と遊ぶときに遅くなるときには連絡を入れるなど普段から話し合い、どのような危険があるのかを知っておくことが大切です。また、スマホを持つことで危険に巻き込まれる場合もあります。SNSでは個人情報を必要以上に出さないなど、インターネットの危険性を普段から伝え、トラブルにならないよう未然にできることを話し合っておくといいでしょう。