中学生 防犯

小学生では学校の工区内で済んでいた行動範囲も中学生になれば大幅に範囲が広がっていきます。また中学生は小学生とは異なり学校の部活や習い事、塾などによって帰宅時間もこれまでよりも遅くなることが多いでしょう。そのため中学生こそしっかりと防犯の対策を行っていかなければならないのです。特に中学生は頭も身体もまだまだ発達途中であるため、防犯に関して危機感を持っている子が少なく、危険な目にあっても力で抵抗することができないというケースも多いです。近年では小学校や中学校では市内で不審者が目撃された場合はメール等で不審者情報を流すことが多いです。こうした不審者情報を親がしっかりと本人に伝えることで防犯に対する意識をあげていることが可能となるため、まずは学校や家庭で情報の共有をしていくことが重要です。

中学生に必要な防犯の方法とはどんなものか

行動範囲も行動する時間帯も広がる中学生においては学校からの登下校だけの防犯だけでなく、目が届きにくくなる外出先での防犯対策も必要となってきます。小学生では防犯ブザーなどの簡単は防犯グッズを持っているだけという子も多いですが、中学生になれば外出先でも連絡が取ることができるキッズ携帯やスマートフォンを持たせると安心です。こうしたキッズ携帯やスマートフォンはGPS機能が付いているため今どこにいるのか簡単に確認することができるうえ、電話やメールでも連絡を取ることができるため特に帰宅時間が遅くなる場合は持たせておくと安心です。学校によってはこうした携帯を持ち込むことが禁止されているという場合も多いため、そうした場合はGPS機能のみがついた端末機器を持たせるなど工夫するとよいです。

中学生の防犯についての注意点とは

帰宅時間がこれまでよりも遅くなる中学生に対して防犯対策を考える家庭は多いです。しかし注意する点は、犯罪等に巻き込まれるきっかけはこうした帰宅途中など外だけではないという点です。防犯対策としてスマートフォンを持たせる場合、防犯のために持たせていたはずのスマートフォンが危険であるという場合もあるのです。スマートフォンは様々なインターネットサイトを閲覧できることや、あらゆる人とSNSを通して連絡を取ることが可能となってしまいます。これにより家庭内にいながらにして危険な犯罪にまきこまれてしまうケースも増加しているのです。そのためスマートフォンを使う場合のルールを作っておくことや、家庭においてもどんな危険性があるのかなどをしっかりと話し防犯の意識を高めていくことが非常に重要であるといえます。