法人の印鑑を購入する時のポイント

三文判では許されないハンコが欲しい場合

最近では個人のハンコが欲しい場合、100円均一ショップなどで簡単に三文判を購入する事が多いですよね。ただ、法人印鑑となるとなかなかそうもいかないのが事実。法人の場合、書体も独特の書体を使うのが一般的ですし、印鑑自体の大きさも通常のものよりかなり大きいのが一般的です。従来なら街の印章屋を探して依頼に行くのが主流でしたが、今はインターネットで会社の印鑑も購入出来る時代。実印や銀行印、代表取締役印などの重要な印も、インターネット経由で簡単に製作することが出来ます。掘りたい文字も書体もサンプルから自由に選べる印章屋は多いので、気に入ったところに依頼すればOK。彫りも木材ではなくチタン合金など、耐食性に優れた素材で製作することも出来ます。

やっぱり信頼と実績が一番のポイント

法人の印ですから、それが押してあれば会社が公に認めたという意味になるのは当然のこと。そう安っぽいものでは困りますが、もっと困るのはまったく同じものがこの世に2つ以上存在してしまうことです。自分の会社の印がどこかで勝手に押されていたらとんでもない事ですよね。ただ現実的には、どんな判であっても犯罪を企む側がその気になれば、精巧に模倣することを完全には阻止出来ないと言われています。とは言え、仮にそうであっても、会社の責任を負うものを軽んじることは出来ません。製作する際に信頼出来る依頼先を選ぶのは、印章を作る上では当然のリスクヘッジになります。選ぶなら、個人情報の取り扱い管理に対して厳密で、第三者機関などにも加盟している会社が安心。これまでにしっかりとした信頼と実績を積み重ねていて、職人ひとつひとつ丁寧に製作するメーカーを選ぶべきなのはもちろんの事です。

低価格でも良いものはちゃんとある

インターネット通販の安い印章は、仕上がりも安っぽいだろうと考えるのは大きな間違いです。顧客と職人とがダイレクトにつながり、材料の仕入れから商品の出荷まで一貫して行うことで、無駄な経費を省いて安くしているのが実態。きちんとした企業努力があってリーズナブルな価格設定が出来ているわけですから、信頼出来る印章屋が作るものに手抜きは一切ありません。材料もひとつひとつ厳選し、綿密にデザインを施して作られるものは、堂々と会社の信頼を背負える法人の印章に仕上がります。低価格なインターネット通販だからと言って心配する必要はありませんので、是非安心して良いものを購入したいですね。

ピックアップ記事一覧